【Hintertux ヒンタートュックス】行き方等紹介:夏スキーができるオーストリアの氷河スキー場 標高3250mからの絶景スキー

             

どうも、ぼぼ(@bb.denden)です。

今回は「Hintertux ヒンタートュックス」のスキー場をご紹介します。
1年の間、いつでも滑ることができるのでお勧めです!

■Hintertux(ヒンタートゥックス)について

Hintertuxは日本語ではヒンタートックス、ヒンタートュックスなどと呼ばれています。
スキー場の名称は【Hintertuxer Gletscher(ヒンタートゥクサー グレッチャー)】と言います。

このスキー場はいわゆる氷河スキー場で、
夏場でもスキーを楽しむことができます。

今回は5月に春スキーに行ってきましたが、
雪質もそれほど悪くなく、天気も最高でした!!

薄着でも滑ることができますが、僕は日焼け止めを忘れたので
その週は顔が日焼けで真っ赤になりました。。。
日焼け止めは必須です!!

■スキー場への行き方

では、まずは気になる行き方のご紹介です。
レンタカーで行く方法や、公共交通機関で行き方法をご紹介します。

1.飛行機
飛行機の目的地は「インスブルック」が良いです。
ヒンタートゥックスのスキー場から一番最寄りの空港です。

日本から飛行機の場合は、インスブルックへの直通便はありませんので、
日本の各空港から、ウィーンやフランクフルト、ミュンヘンで乗り継ぎになります。

2.スキー場への行き方
①レンタカーで移動
インスブルックの空港や街でレンタカーをする場合です。
ナビに「Hintertux 794, 6293 Tux, オーストリア」と入力すれば、
ゴンドラ乗り場や駐車場へたどり着けます。




所要時間はだいたい1時間30分程です。

②公共交通機関で移動
インスブルック空港から電車とバスでも行けますが、
乗り換えも必要になります。

①インスブルック(またはミュンヘン)から国鉄で約30分(~1時間)のイェンバッハまで移動
②私鉄の“ツィラータールバーン”に乗り換えてマイヤーホーフェンまで移動
③マイヤーホーフェンからバスでスキー場まで移動

上記が簡単な方法かと思います。
もしインスブルックではなくミュンヘンから移動鶴方の場合も同様の移動方法です。

簡単にですが移動方法の例を紹介します。

①インスブルック中央駅(Innsbruck Hbf)発(OIC) ⇒イェンバッハ駅(Jenbach)着(国鉄)・・・約30分
②イェンバッハ駅(Jenbach)発(R133)⇒マイヤーホーフェン駅(Mayrhofen)着(ツィラータールバーン)・・・約1時間
③マイヤーホーフェン駅 発⇒ヒンタートゥックス着(バス)・・・約40分

ちなみに、マイヤーホーフェンにもスキー場があり、
街の中からゴンドラでそのままゲレンデにアクセスできます。
まだ行ったことはないですが、いつか行ってみたいと思っています。


電車についてはこのサイトに発着地を入力すれば、時間や料金を検索、
チケットの購入も可能です。

残念ながらバスは検索できません。

3.ツアーの場合
時間や行動が制限されてしまうので僕はあまり好きではないですが、
海外旅行に慣れていない方は、日本からのツアーや、現地のツアーを申し込むのが良いと思います。

ツアーであれば、飛行機、ホテル、スキー場までの移動、リフト券等
全てアテンドしてくれるはずなので、不安がある方にとっては、安心できるでしょう。

個人的なお勧めとしては時間的にも余裕が取れるので
航空券、ホテル、レンタカー全て自分で取る方法が良いです。

ホテルに関しては、下記のサイトで
各ホテル予約サイトの料金比較や予約までできるので参考までに。
僕は基本的にここで宿を探しています。



■スキー場紹介

ではここからは写真を交えつつ、スキー場の紹介です。


これがスキー場のマップです。
ゴンドラを乗り継ぎ、山頂3000mにはリフトで行けるというのが
このスキー場の特徴です。



これも最高の景色!!
日本ではなかなか見られないと思います!


山頂に向かうリフトは非常に山が近くに見えます。

1年間いつでもスキーを楽しめる氷河スキー場、
ヒンタトゥクス!!
ぜひ一度行ってみては如何でしょうか。

ご質問等がありましたらご気軽にコメント等お願いします。

ではでは、Auf Wiedersehen!


海外ランキング
にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください