【Grindelwald グリンデルバルド 】行き方等紹介:あのイモトも登頂したEiger アイガーを眺めながらのスキー in スイス

             

どうも、こんにちは。

今回はスイスのGrindelwald(グリンデルバルド)でのスキーです!

グリンデルバルドにはスイスを代表する、オーバーランド三山という
山が並び立っています。

・Eiger アイガー(3,970m)・・・イモトが登った山
・Monch メンヒ(4,107m)
・Jungfrau ユングフラウ(4,158m)

皆さんもテレビや雑誌、カレンダー等で一度見たことがあるのではないでしょうか?

ここのすぐ横にスキー場があり、オーバーランド三山を眺めながらスキーを楽しめます。

ではでは、まずはいつものように行き方からご紹介。

■ドイツ国内から
まずは簡単にドイツ国内からの移動について。

ドイツ国内からの移動ならば確実に車の方が良いです。
グリンデルバルドは、最寄空港がベルン、またはチューリッヒ国際空港ですが、
そこからさらにグリンデルバルドへの移動となるとツアーでもない限りは
電車移動になりますが、少々離れているためややこしいです。

それでも車での移動に不安という方は、
チューリッヒ国際からの移動方法を後程記載しますので、そちらを参照ください。

車の場合は「Dorfstrasse 110, 3818 Grindelwald」と入力すれば
スキー場ふもとの観光案内所まで行くことができます。

例えばフランクフルトからの場合は500km程ですので、5時間あれば行けると思います。
グリンデルバルド付近で前泊するというのならばもっと早く着きます。


では次に■日本からの場合
日本から飛行機でスイスに入る場合は、ダイレクト便が
チューリッヒ国際空港まで毎日飛んでいます。

チューリッヒ国際空港からグリンデルバルドまでは、以下のような移動方法です。

■チューリッヒ国際空港から電車の場合

①Zeurich flughalten(チューリッヒ国際空港)発Geneve airport行に乗り、途中のBernで乗り換えます。(所要時間約1時間15分)
②Bern発Brig行(またはMirano行)に乗り、Spiezで乗り換えます。(所要時間約30分)
③Spiez発Interlaken Ost行に乗り、Interlaken Ostで乗り換えます。(所要時間20~25分)
④Interlaken Ost発Grindelwald行に乗り、Grindelwaldに到着します。(所要時間30~40分)

順調にいけば3時間ほどで到着することができます。

■チューリッヒ国際空港からツアーまたはバスの場合

所要時間は渋滞等にもよりますが3時間前後でしょう。
個人で行くのには不安がある方は、ツアーのプランによっては日本人専門ツアーもあるのでそちらの方が安心して旅行できると思います。

※ちなみに、スイスは「ドイツ語・フランス語・イタリア語・ロマンシュ語」の4つの言語を公用語としています。」
まぁ観光地であれば普通に英語が通じるので問題ないですが。

そして通貨は“スイスフラン”(CHF表記)です。
レストラン等であればユーロが使える店もあるのですが…
僕が行ったときは油断してスイスフランを持っていかなかったのですが、
駐車料金がスイスフランしか使えないと言われて困ったことがあります。
幸い、ショップで両替ができたので良かったのですが、
やはりスイスフランはある程度持って行った方が良いと思います。



■グリンデルバルドの町からスキー場まで
街中からスキー場までは登山鉄道が走っています。

グリンデルバルド駅で乗車券を購入し、30分ほど乗車していればアイガーの目前まで行くことができる。

下車する駅はKleine Scheidegg(クライネシャイデック)という駅です。
終点なので間違えることはありません。
ここから列車を乗り換えると山の中を走り、展望台まで行けるのですが、それは記事の最後に紹介します。


画像が荒くなってしまって見づらいかもしれないですが、
公式サイトにも載っているグリンデルバルド周辺、スキー場のマップです。

グリンデルバルドのスキー場は3つのエリアに分かれており、スキー場の全長はなんと200キロ。
一日ではとても周りきれません。

友人の顔が写っている写真が多く、意外と景色だけの写真は撮っていなかったんだな~と実感。
今度からはもっと有効的な写真も撮っていこうと思います。


膝ついてるのが私です。
この後派手に転びました。転んだというより吹き飛んだ。笑



人の板と自分の手首が接触してしまったので
一ヶ月程手首の痛みに悩まされました。。。笑


いい写真ですね~(僕じゃないですけど)

グリンデルバルドはやはり
・アイガー
・メンヒ
・ユングフラウ
この3つの山が有名なため、スキーしない観光客もゲレンデを歩いていたりします。

Top of Europeからの景色を楽しみたい、という方に
ぜひ訪れてほしいのが以下にご紹介する「ユングフラウヨッホ」の展望台です。

先ほどのふもとからの終点駅、クライネシャイデックから列車を乗り換えます。
列車を降りて線路を渡るとすぐのところに違う列車があるのですぐに分かります。

「ユングフラウヨッホ」行の列車に乗ります。
ここからは50分間、ずーーーっとトンネルの中を走るので、
それでも展望台に行きたい!!という方でないときついかもしれません。

登り列車は途中で2駅停まります。
それぞれ5分程停車し、列車を降りて地下駅内の展望デッキより景色を楽しめます。
ただ、ほんとに5分ほどしか止まらないので急ぐ必要があります。

終点に到着したら、そこから地中のエレベーターに昇り、
やっと展望台にたどり着くことができます。

ちなみに、僕はユングフラウヨッホまでの詳細な行き方は知っていますが、
実際に展望台までのぼったことはありません。
だって、スノーボードがしたいんですもん…笑

スキー、スノーボードを一日フルで楽しみたいという方も、
滑りながら、オーバーランド三山の絶景を眺めることができます!

さて、如何だったでしょうか?
グリンデルバルドは、人生で一度は行ってみる価値があると思います。

不明点等あれば、コメントでお願い致します。

【ヨーロッパのスキー/スノボサークル“EDS”はこちらから】

ではでは、Auf Wiedersehen!




海外ランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。