【本場ヨーロッパ・アルプスのスキー場を大量に紹介!!】行き方などのスキー場情報満載!!

             

どうも、ぼぼ(@bb.denden)です。

この記事では、ヨーロッパアルプスや
ヨーロッパのスキー場を紹介していきたいと思います。

本場アルプスのスキー場はスケールが違います。
スキー場自体の広さも、眺める景色も素晴らしいです。

初めて行ったときは感動しました。

ここでは、スキー場の紹介と、僕のブログの別記事へのリンクを貼っておきます。
リンク先では個々のスキー場の詳細、行き方等を詳しく書いているので、
えひ参考にしてください。

①Kaunertal(カウナタール)スキー場

カウナタールスキー場は、オーストリアのスキー場です。

このスキー場はいわゆる氷河スキー場で、
早い時期(10月頃)にオープンし、
5月末、長ければ6月まで滑ることができます。

このスキー場のメリットは、何といっても人が少ないこと!
人が少ないと言っても、スキー場がしょぼいわけではありません。

むしろ、僕は今まで行ったスキー場の中でも1、2位を争うほど
大好きなスキー場です。

このスキー場の周辺数十キロ圏内に、さらに大きなスキー場がいくつもあるため
シーズン中は皆そちらに行ってしまう為、人が少なくなってしまうのです。

シーズン中に運が良いと、この壮大なゲレンデをほぼ貸切で
滑ることができるほどです。

以上のことからお勧めです。
行き方等詳しくはこちら。
↓↓↓
【Kaunertal カウナタール】氷河スキー場 in オーストリア: 行き方やスキー場紹介

②Garmisch-Partenkirchen(ガルミッシュパルテンキルヒェン)

このスキー場は、ドイツ最高峰のスキー場です。

ドイツでスキーをしたい!
各国の最高峰を制覇したいという方がいましたら
ここは滑っておきべきスキー場だと思います。

交通の便も非常に良い為、ドイツ観光の合間に行くこともできます。

ただ一つ悪い点を挙げるとしたら、そこまで気温が下がらないため、
真冬のオンシーズンを逃すと雪質がガクッと落ちてしまうことです。

ぜひシーズン真っ只中の時期に行ってみてください。

行き方等詳しくはこちら。
↓↓↓
【Garmisch-Partenkirchen ガルミッシュパルテンキルヒェン】ドイツ最高峰 スキー場:行き方やスキー場紹介

③Grindelwald(グリンデルバルド)スキー場

こちらはスイスにあるスキー場ですが、非常に有名です。

何せあのスイス最高峰の山々、アイガー、メンヒ、ユングフラウを
眺めながら滑ることができるのですから。

スキー場も非常に大きく、3つのスキー場がくっついています。

ただ、スキー場にもスキーをしない観光客が大勢いるので、
滑っている時にやや気になってしまうかもしれません。

1週間滞在してずっと滑っていても飽きないと思います。
また、登山列車で展望台にも行けるので、ぜひそちらにも行ってみてください。

行き方等詳しくはこちら。
↓↓↓
【Grindelwald グリンデルバルド 】行き方等紹介:あのイモトも登頂したEiger アイガーを眺めながらのスキー in スイス

④Zermatt(ツェルマット)スキー場

こちらもスイスのスキー場です。
こちらはあの有名なマッターホルンを眺めながら滑ることができます。

めちゃめちゃ広いゲレンデです。
スイス側とイタリア側で滑ることができるのですが、
双方から違う景色が見られて最高でした。

また、山頂の展望台からは絶景が拝めます。

ぜひ一度行ってみてほしいスキー場の一つです。

行き方等詳しくはこちら。
↓↓↓
【Zermatt ツェルマット】行き方等紹介:スイス/イタリアからのマッターホルンを眺めながらの絶景スキー

⑤Chamonix(シャモニー)スキー場

シャモニーは、フランスのスキー場です。
この町は避暑地としても、スキーリゾートとしても非常に人気が高いです。

また、何といってもヨーロッパアルプス最高峰の
モンブランを眺める展望台は絶景です。

観光するも良し、スキー/スノーボードをするも良し、
ここも一度は訪れてほしいスポットです!

行き方等詳しくはこちら。
↓↓↓
【Chamonix シャモニー】行き方等紹介:フランスの絶景展望台/Mont Blanc(モンブラン)を眺めながらのスキー

⑥Ischgl(イシュグル)スキー場

イシュグルはオーストリアでも群を抜いて有名なスキー場です。
コースは最長11kmと一日中楽しめます!!

行き方等詳しくはこちら。
↓↓↓
【Ischgl イシュグル】行き方等紹介:総滑走距離235km!!オーストリアで超人気のアルプススキーリゾート

記事が追い付いていませんが、随時更新していきますのでお楽しみに!!

ではでは、Auf Wiedersehen!


海外ランキング
にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください